楽天ポイントおすすめの使い道

ポイ活

楽天ポイントの使い道

楽天ポイントに関するツイートを色々していたところ、「ハルさんの楽天ポイントの使い道について教えてください」というご質問をいくつかいただいたので、私の楽天ポイントの使い道をご紹介たいと思います。

結論から言うと、私の楽天ポイントの使い道は以下です。

①楽天通常ポイント →毎月500ポイントは楽天証券で投資信託。残りは楽天ウォレットで全てビットコイン。
②楽天期間限定ポイント →書籍 or 漫画購入。
③楽天キャッシュ →楽天ペイ。

それでは順番にご説明したいと思います。

①楽天通常ポイントの使い道

まずは、①楽天通常ポイントです。毎月500ポイントは楽天証券で投資信託を購入しています。これは、ご存知の方が多いと思いますが、SPU(楽天スーパーポイントプログラム)が+1%となり、楽天市場での購入が全て+1%となるので楽天ユーザーにとって非常に美味しい特典になります(やらないのは勿体ない)。

そして、私の場合、毎月500ポイント以外の通常ポイントは全て、楽天ウォレットでビットコイン購入に充てております。ビットコイン自体には以前から興味があり、少量でも買ってみたかったのですが、何も産まない資産に対し現金を入れる気にはなれず、購入を躊躇っていました。ポイントなら最悪無くなっても精神的ショックが小さいし、気軽に買えるということで楽天ウォレットでのビットコイン購入を始めてみました。

ビットコインの購入は、皆様にオススメするものではありません。私と同じように、興味はあるけど現金を入れるのはちょっと…という方のみオススメです。そうではない方には、通常ポイントは全て楽天証券の購入に充てるのをオススメしたいと思います。

なぜ通常ポイントを楽天証券で利用し、楽天市場の通常の購入に充てないのかと言うと、「楽天市場での購入は、できるだけ楽天カードを利用した方がお得だから」という理由になります。楽天カードで購入することで、+2%(ゴールド・プレミアムの場合は+4%)のポイントが付きます。それを通常ポイントで購入してしまうと、その+2%や+4%のポイント獲得を逃してしまうことになり損です。一方で、楽天証券は50,000円まで楽天カードで購入可能ですが、それ以上については現金での購入となります。つまり楽天ポイントを使って購入することで、現金と全く同じ扱いで楽天ポイントを使用するすことができるので、非常にお得です。

②楽天期間限定ポイントの使い道

次に、②楽天期間限定ポイントです。こちらは、書籍 or 漫画購入に充てています。こちらも、①と同様、楽天Koboと楽天ブックスで1,000円以上購入することにより、SPU(楽天スーパーポイントプログラム)が、それぞれ+0.5%アップするのでお得です。そして、本も漫画も人生を豊にする最高の投資だと私は考えます。期間限定ポイントを強制的に書籍や漫画の購入に充てることで、ついつい本や漫画を読まないという状況から、自然と定期的に購入し読む習慣にすることができ、個人的には非常にオススメの利用方法です。

ちなみに、書籍や漫画は別に欲しくないという方や、あまりに期間限定ポイントが多く書籍・漫画購入だけでは消費しきれない方は、楽天ペイで利用するのが5%の還元を受けられることから、最も合理的だと思います。

③楽天キャッシュの使い道

最後に、③楽天キャッシュです。楽天キャッシュはラクマで売却した場合などに保有することになります。これまで非常に使い辛かったのですが、楽天ペイが出来たことで使いやすくなりました。そして、楽天ペイは現在、楽天キャッシュを利用した支払いでも5%の還元を受けることができますので、楽天ペイでの利用が非常にお得な使い道だと思います。

まとめ

以上、私の楽天ポイントの使い道でした。ビットコイン以外はオススメですので、是非参考にしてみていただければと思います。

①楽天通常ポイント →毎月500ポイントは楽天証券で投資信託。残りは楽天ウォレットで全てビットコイン。
②楽天期間限定ポイント →書籍 or 漫画購入。
③楽天キャッシュ →楽天ペイ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました