複数のETFを持つことは分散の分散になるのか?

ETF

 

VGT、QQQ、VIGの構成銘柄の重複についてツイートしたところ、以下ご質問を頂きました。

「VGT、QQQとVIGの重なりが少ないですが、複数のETFを持つことは分散の分散になるのでしょうか」

https://twitter.com/haru_tachibana8/status/1264579629500661767?s=20

 

個人的な見解ですが、色々な銘柄が組み入れられるので分散の効果はあるとは思います。ただ、分散だけを目的にするのであれば、色々なETFを持つのではなく、経費の事を考えてもVOOやVTIを購入してしまうのが合理的だと思います。

時価総額荷重になっている場合、複数のETFで採用されている時価総額が大きな銘柄に集中投資してしまっている事もあるので注意が必要で、そういった意味でも適切に時価総額荷重となっているVOOやVTIをオススメします。

あとは、分散という目的以外で言うと、私が取っている戦略そのものですが、スマートベータで市場平均をアウトパフォームしたいという戦略なのであれば、複数のスマートベータETFを保有する意味はあると考えます。

https://twitter.com/haru_tachibana8/status/1264899807031685120?s=20

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました